2019【菫草】カタログ
248/268

日本酒全国新酒品評会での受賞作も多い日本酒王国日本の各地にはそれぞれの土地のおいしい米や清らかな水をいかした地酒があります。特に有名なエリアとして挙げられるのが新潟県です。新潟県は日本三大杜氏である越後杜氏の発祥地。県内の数ある蔵元のほぼすべてで越後杜氏が酒造りを行っていると言われています。そんな新潟県の地酒は全体的に淡麗辛口が特徴。新潟の水がミネラル分の少ない超軟水であること、そして、気温が低く、発酵がゆっくり進むことからすっきりとした味わいの日本酒に仕上がります。もともと日本では甘口の日本酒が人気でしたが、新潟県の地酒のおいしさが全国へと広まり、それと同時に淡麗辛口の日本酒がブームに。現在では「五百万石」という酒造好適米を使い、淡麗ですっきりと飲みやすい日本酒が多く作られています。商 品 名清酒 萬寿鏡清酒 越後獅子の里清酒 越後平野蔵元(株)マスカガミ高野酒造(株)福顔酒造(株)アルコール度数15〜16度15〜16度15度日本酒度+5+5+5すっきりと飲みやすく、しかも旨みがあります。冷やで良し、ぬる燗で良し、毎日の晩酌には最適な酒です。新潟ならではの淡麗辛口な味わいで、燗酒よし、冷酒よし、酌めども酌めども飽きることを知らない素直な酒。飲み飽きしないスッキリした辛口清酒です。※酒類は年齢確認が必要です。お申込番号 K906-24718越後飲み比べ3本セット● 内容量/各720ml247Gourmet

元のページ  ../index.html#248

このブックを見る